ABOUT
秀山窯について

SHUZAN BLUE for Life.

400年の伝統を紡いできた小石原焼。

1975年に豊かさと潤いをもたらす生活用品として、陶磁器として初めて伝統的工芸品に指定されました。今日でも「暮らしの中で使われる器の美」を追求しつづけ、伝統の上に、新しい歴史を築いています。

その歴史を大切にしながら、秀山窯では小石原で採取された陶土をひとつひとつ丁寧に醜櫨で挽き、三代つづく紬薬を用いて独特の藍色(Shuzan Blue) を生み出しています。
さらに藍色の“深み”を出すために、普通の陶器を焼く温度より高めで焼成時間も長く手聞をかけて焼き上げています。

Shuzan Blueの器で、いつもの食卓に新しい彩りある時聞をお楽しみください。

Koishiwara Yaki
dates back 400 years.

As a daily use “ Tojiki pottery,” it was first designated as a traditional craftsman product in 1975.
Today it still pursues the concept of “ beauty in the everyday lifestyle," refining its history, at the same time building upon its tradition.

A t the Shuzan Gama kiln , Koishiwara Yaki is made by grinding clay collected at Koishiwara and is colored with pigmentation used by three generations to acquire its beautiful indigo color (Shuzan blue).
To attain an even deeper tone of blue, the products are carefully glazed at a tremendously high kiln temperature.

We hope our Shuzan Blue pottery enhances your dinner tables.

1918年 生まれる。
1950年代 三川内、有田にて、轆轤の渡り職人として各窯元を渡り歩く。
1965年 現 東峰村 宝珠山 宝珠焼へ職人として招かれる。
色釉を得意とし、油滴天目釉、辰砂釉など、九州北部には当時珍しい色合いの器作りに専念。
1975年 現 東峰村小石原鼓 鶴 に秀山窯を開窯。1988年没。
1950年 生まれる。
大分県立日田林工高等学校卒業後、電気機器メーカーにて7年間のサラリーマン生活。
1975年 父 秀治に師事。父と共に全く新しい藍釉を開発。藍釉掛け分けの礎を築く。
1988年 2代目秀山を襲名。シャープな陶板作品を得とし、現在に至る。
1975年 生まれる。
1994年 佐賀県立有田窯業大学校ろくろ科入学。同大学校卒業後、父 重信に師事。
1998年 県展入選(以後二度入選)
1999年 ニュージーランド ネルソンに作陶留学。
2003年 西日本陶芸美術展 第二部用の美部門 優秀賞受賞。
2007年 天草陶磁器展 小川哲男賞受賞。
2011年 西日本陶芸美術展 第二部用の美部門 優秀賞受賞。
2015年 西日本陶芸美術展賞 入選。現在に至る。